3dプリンターを使った金属加工の仕組みを説明します

金属加工と言えば鍛造や削りだしが主流ですが、そこに新しい手法として3dプリンターの活用が進められています。工場で大量生産する場合は鍛造や金型を作って製品を作るのが効率良いですが、少量多品種な製品が求められたり、カスタマイズ前提の製品が求められることも多くなっており、3dプリンターの活躍の場が広がっています。3dプリンターを利用する際に問題となるのが精度ですが、レーザー焼結法の発達もあって粉末金属から作成される製品の精度は大変高くなっています。また、データ作成についても効率が一気に上がっていることから作成までの時間も短縮傾向が進んでいます。3dプリンターはデータによって精度が一気に上げられるほど再現力が高くなったのも利用される理由の一つとなっています。

3dプリンターを利用した金属加工

3dプリンターを使って金属製品を作る場合、従来はプロトタイプまで作って製品化は工場が行うのが通例でした。しかし、粉末金属の加工の仕方が熟成されたこともあって製品かも3dプリンターで行うのが多くなっています。従来の工場での生産に比べてコストはかかりますが、製品の修正が簡単なこと、カスタマイズにも柔軟に対応できることから特に中小企業などアイデアを活かす製品づくりに利用されることが多くなっています。鍛造や削りだしに比べて材料を効率よく使えるのも利点の一つです。金属をレーザーで扱うので機械が大型化するのがネックでしたが、2014年に特許が切れたこともあって参入する企業が増え、一気に小型化、高性能化、そして低価格化が進んでいます。価格については特に100万円を切るようになったのがトピックスとなっています。

金属材料を使った3dプリンターの特徴

3dプリンターで金属を扱うにはレーザー焼結法が採用されることが多いです。レーザー焼結法は2014年に特許が切れて使いやすくなり、高精細な製品が作れる方法です。また、装置が小型化できていることから中小企業、特にデザイン事務所での採用も増えてきています。従来、デザインを形にするには樹脂でプロトタイプを作り、製品化は工場で行うのが一般的でしたが、製品加工まで3dプリンターでできるとあって注目されています。また、レーザー焼結法の精度が上がってきたことでデータ作成においても高精細なデータを作れるようになったのも3dプリンターの利用を進める要因となっています。3dプリンターによっては50万円を切るタイプも増えてきており、採用する企業が増え、ノウハウも蓄積されており、今後のさらなる飛躍に期待されています。