3dプリンターで行う高品質な金属加工から仕上がる製品をご紹介

3dプリンターはさまざまな加工が可能ですが、金属に対応したことでさらなる造形の幅が出ています。3dプリンターでよく作られてきたのが樹脂を使った製品です。樹脂は扱いが簡単で、3dプリンターを小型することもできます。基本的な構造としては樹脂を溶かす部分と噴出させる部分からなりますが、これは金属を利用する場合もほぼ同じです。樹脂とは違って加熱する方法としてレーザーを利用することが最大のポイントです。レーザーを使うことでプリンターが大きくなってしまうのが欠点でしたが、小型化することが可能となっており、また、レーザーを使った金属粉末を溶かして定着させる方法が特許であったので高価な製品が多かったのですが、特許が切れたことで低価格化が進んできています。

3dプリンターで金属を扱うこと

3dプリンターで金属を扱う際に利用できる金属の種類が問題視されてきていました。しかし、レーザー焼結法を導入することで幅広い金属が利用できるようになっています。利用できる金属としてはチタンや銅が一般的ですが、金属以外にプラスティックやセラミックも利用できるとあって利用者の幅も広げてきています。もともと大型製品であり、高額な製品であったことから大企業が利用する場合が多かったのですが、小型化したこともあって中小企業でも扱える金額に下がってきています。価格については100万円を切る製品が増えてきており、デザイン事務所でも導入される事例も増えています。また、中小企業の場合、ワンオフ製品などを積極的に対応して販路を広げるために有効であると分かってきており、導入が加速しています。

3dプリンターの活用方法について

3dプリンターはさまざまな分野で活用されてきていますが、金属を利用する場合は主に工場で作るにはコストが掛かりすぎる製品やカスタマイズ前提の商品について利用が進んでいます。工場で作るにはある程度のロットが必要ですが、3dプリンターの場合は1つから作っても十分コストが下げられます。また、データの精密度を上げられる製品が増えてきていることからほぼ市販製品と同等のクオリティの品を作成できることも注目されています。カスタマイズ前提の製品の場合、データを修正するだけですぐに製品が作れます。工場生産では難しい対応であり、中小企業にとってチャンスが広がると期待されています。特にデザイン性に富んだ製品はカスタマイズによって価値を上げられることも注目されているポイントです。