金属加工以外に3dプリンターはどんなことに使われているか

金属加工以外でも3dプリンターは今では多様なものに使われています。娯楽の分野ではフィギュアなどはほとんどが今では3dプリンターで作られるようになってきたといえるかもしれません。まずは娯楽の分野が多いのですが、産業の分野でも作られるものが多くなってきていて、工業製品でも3dプリンターが使われるようにもなってきました。何しろ3dプリンターではこれまでは作れなかったものが作れるので、切削加工が出来るか出来ない、組み立てが出来るか出来ないということを考えなくてもモノ作りが出来るということで、多様な用途で使われるようになってきています。最近では複雑な形状をしている模型などもかなり3dプリンターで作られるようになってきたといってもいいでしょう。それほどに浸透してきています。

3dプリンターで作れないものはないともいわれている

何しろ3dプリンターでは作れないものはないともいわれているものです。金属加工もかなり出来るようになってきていて、ますます3dプリンターの用途は広がってきています。量産ということには向きませんが、どんな形も作れるということで、3dプリンターはどんな用途にも使えるともいえるわけです。今は材質が樹脂系のものが基本で、他の材質ではなかなか作れないものも多いのですが、原理的にはどんなものでも作れるともいわれていますから、これからが楽しみともいえるでしょう。樹脂系でよく3dプリンターで作られているのがフィギュアなどの人形などですが、これから始まって医療機器に使われるようなものもこれで作られるようになってきました。何しろ加工も組み立ても不要でモノが出来るわけですから、これ以上に便利なものはありません。

産業革命以来の発明ともいわれている

3dプリンターは産業革命以来の発明ともいわれているものです。そんなオーバーなことと思う人もいるかもしれませんが、将来は本当にそのように言われることもありえます。何しろこれまで作れなかったものが、誰でも簡単に作れるようになったのです。やることはデータを作成してスタートボタンを押すだけというのですから、これはまさに革命的な出来事といっていいでしょう。まだ、3dプリンターの進歩は始まったばかりですから、樹脂系の材料や一部の金属ぐらいでしか作ることができませんが、そのうちどんな材料でも出来るとなると、3dプリンターの普及は一気に進むことになるでしょう。何しろこれまでのエンジニアしかできなかったようなモノ作りが誰でも出来るようになってしまったというのは革命的な出来事といえるでしょう。