最近では金属も加工できる3dプリンターというものが登場してきていて話題ともなっています。この3dプリンターというのは、従来のモノ作りとは全く違う工程でモノ作りを行う装置です。従来は金属のモノ作りでは切削加工で部品を作り、それを組み立てることでモノ作りを行ってきました。ですが、3dプリンターではこの切削という概念ではなく、積み重ねという概念でモノ作りを行います。プリンターのように一枚一枚の絵を積み重ねるようにしてプリントを繰り返していき、二次元的なプリントを三次元の造形物にしていくという方法です。そのため、加工という工程がなく、加工工具による切削の制限というものがないので、基本的にはどんな形状のものも創り出せるというのが大きな特徴です。まさにモノ作りの革命的なものといえます。

金属も3dプリンターで作れるようになった

少し前までは3dプリンターは樹脂系のモノ作りのものという概念がありました。何でも好きなものが作れるのだけれども、材質は樹脂に限られるということで、金属製のものは作れないというものだったのですが、これが最近の技術の進歩によっていろいろな金属でも造れるようになりました。どんな金属でも、というわけにはいきませんが、徐々に造れる金属も増えつつあるので、これからさらに多くの金属が使えるようになるでしょう。これによってまさにモノ作りが変わろうとしているともいえます。昔は鉄が加工できることで産業革命というようなものがおきましたが、今度はその鉄が3dプリンターによってどんな形状でも造れるということで、まさに産業革命なみの進歩がこの分野にも訪れたということになるのかもしれません。

3dプリンターは絵を描くように造るモノ作り

3dプリンターではまるで絵を描くようにしてモノ作りをします。絵は一回だけ描くと二次元の絵となりますが、この絵を何度も書き重ねていくと厚みを持ってきて、三次元の物体となるのはイメージが出来るのではないでしょうか、これをしているのが3dプリンターです。つまり、何度も何度も重ね書きを繰り返してモノ作りをしているわけです。重ね書きが基本ですから、粉上のモノを塗布することを繰り返していくモノ作りです。そのため、樹脂のような軟性で塗布が出来るものしか、この製造方法では使えなかったのですが、最近では金属でもこのような塗布をすることが出来るようになり、3dプリンターで使える材料ともなりました。3dプリンターは今でも日進月歩で技術が進化しているので、将来はより多くの金属材料が使えるものとなるでしょう。

100社160台以上の販売・導入・保守実績。日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラーです。 NHK総合テレビ「超絶 凄ワザ!」で放映されました。 3Dデータ作成~3D測定まで、試作支援いたします。 サイトでは社員のコラムも掲載しています。 金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 2015年全世界のトップに選出されました。 試験モデルの実績も紹介していますのでぜひご覧ください。 3dプリンターなら金属構造で